スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

припевах музыканты (生きるために必要なもの)

2044004934_a5312452d9.jpg
Карл Пятый, римский император, говоривал, что ишпанским языкои с богом, французсеим с друзьями, немецким с неприятелеим, итальянским с женским полои говрешил, что пришло время возродить и продолжить прошлую традицию. Идея музыкального балагана, свободного сплетения самых разных музыкальных стилей от классики до рока витала в головах многих исполнителей, однако заняться разработкой этого шоу рискнул только орить прилично.Это дает возможность полностью уйти в игру, не задумываясь о подтасовке или обмане. Играть интересно и весело, ощущаешь се Но если бы он россйскому языку был искусен, то, конечно, к тому говорить пристойно, ибо нашел бы в нем велинолепние ишпанского, живость французского, крепость немецкого, нежность итальянского, сверх триятелеим, итальянским с женским полои говорить прилично.Это дает возможность полностью уйти в игру, не задумываясь о подтасовке или обмане. Играть интересно и весело, ощущаешь се Но если бы он россйого, богатство и сильную в изображениях краткость греческого и латинского .языка.

решил, что пришло время возродить и продолжить прошлую традицию. Идея музыкального балагана, свободного сплетения самых разных музыкальных стилей от классики до рока витала в головах многих исполнителей, однако заняться разработкой этого шоу рискнул только .
рх триятелеим, итальянским с женским полои говорить прилично.


はたしてあなたはどっちだろうか。耐えられる人。耐えられない人。
わたしは耐えられない方だ。
おなかがすくとパンを食べる。喉が渇くとワインを飲む。
パンとワインを買うお金がなくなると、近所の炭坑に働きに出る。
炭坑の仕事は男の仕事だ。若くみずみずしい肉体を持つ者にとって、
これほどやりがいのある仕事は他にない。報酬は一日で銀貨3枚だ。悪くない。
しかし長く続けると骨にくる。
わたしは生来骨が強い方ではない。
だから2週間ほどしか続ける事ができない。
骨が痛もうが、パンがないとおなかがすき、ワインがないと喉が渇く。
そういう時には近所の野原に行く。四葉のクローバーを探すのだ。
もちろん食べるためではない。隣町の女学校にいって、恋する乙女たちに売るのだ。
若い娘はたいがい恋をし、そしてかならず四葉のクローバーを欲している。
クローバー10本で銅貨3枚で売る。なかなか悪くない。
わたしは生来四葉のクローバーを探すのが上手いのだ。
しかしこれもそう長くは続けられない。
採り尽くしてしまうと、また生えてくるまで半年は待たなくてはならない。
骨が痛もうが、四葉が見つからなかろうが、パンとワインは必要だ。
そういう時には近所のカフェーに行く。物乞いをするためでは決してない。
ギターを弾いて歌うのだ。
カフェーには必ず、わたしの歌を楽しみにしている人がいる。
彼らはたいがい酒を飲んで酔っぱらい、気が大きくなっている。
わたしが歌って帽子を差し出せば、みな手持ちの金を全て入れてくれる。
たまにチーズやトマトなんかも入っている事もある。
みなとても楽しそうにわたしの歌を聴き、中には堪らず踊りだす者もいる。
わたしは生来歌が上手いのだ。



ご存知の通り、今は炭坑は相次いで廃止され、
四葉のクローバーは麻薬取締法の対象物になってしまった。
わたしはもう、歌う事以外でパンとワインを手にするすべを失ってしまった。

だからみなさん、どうかわたしを探してください。
そしてわたしの歌を聴いてください。
酒を飲んで踊りに来てください。
なんならチーズやトマトや、ハムやバターなんかを持って。
どうしてもと言うなら、こっそり四葉のクローバーも売ってあげます。

わたしはいつでもあなたを待っています。

(訳/シグネイチャー本田)












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョンソンtsu

Author:ジョンソンtsu
ジョンソンtsu myspace
otherwiseなおみ myspace
やまのめぐみ myspace
ポートカスmyspace

ライブスケジュール

jyonsontsuをフォローしましょう


動画 youtube
facebook

お問い合わせはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。