スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ暗な地獄からの使者の

otherwiseなおみのPVを写真家のtomomarx先生が作ってくれました。
おめでとう!ありがとう!

スポンサーサイト

Уже не говорю усматривал(下僕の変貌)

【合奏して戯れるネッリとジャンバイユ】
tawamure.jpeg


Московский доктор, спрошенный в свою очередь, резко и настойчиво подтвердил,
что считает умственное состояние подсудимого за ненормальное,
даже в высшей степени. Он много и умно говорил про
афект" и манию и выводил.

нравственным влечением, им овладевшим.
Но кроме афекта, доктор усматривал и манию, что уже пророчило впереди,
по его словам, прямую дорогу к совершенному уже помешательству.
NB. Я передаю своими словами, доктор же изъяснялся очень ученым и специальным языком.
Все действия его наоборот здравому смыслу и логике", продолжал он.
Уже не говорю о том, чего не видал, то есть о самом преступлении и.

странные слова: "Бернар, эфика" и другие, которых не надо".
Но особенно усматривал доктор эту манию в том, что подсудимый
даже не может и говорить о тех трех тысячах рублей, в которых считает себя
обманутым, без какого-то необычайного раздражения, тогда как
обо всех других неудачах и обидах своих говорит и вспоминает довольно легко.

Наконец, по справкам, он точно так же и прежде, всякий раз,
когда касалось этих трех тысяч, приходил в какое-то почти исступление,
а между тем свидетельствуют о нем, что он бескорыстен и нестяжателен.
Насчет же мнения ученого собрата моего,
иронически присовокупил московский доктор, заканчивая свою речь.

что подсудимый, входя в залу, должен был смотреть на дам, а не прямо пред собою,
скажу лишь то, что, кроме игривости подобного заключения, оно сверх.

Даймлер.




生まれたその日からその美しくも壮絶なる運命を背負わされた憐れな末娘は

ムリリソと名付けられ、家族のすべてに暖かく迎えられた。

かに見えた。



tsu家の最後の子として生まれたムリリソは、家族の誰からも、下僕や奴隷、

家畜や庭の鳥たちやかえるや虫や草花にまで満遍なく溺愛された。

そして決意に充ちた片岡は、総ての人々を説き伏せ、彼女の乳母役を自ら買ってでた。

彼女が生まれてからというもの片岡はムリリソの為だけに生きている様であった。

突然の様変わりに、我等兄弟は至極狼狽した。

それまで片岡に全ての世話をされていた幼子たちは、

上の子らより更に早い時期に自立を覚えねばならざるを得ないこととなった。



それはまるで人が変わってしまったかのようだった。

実際私達は、片岡が私達の知らぬ間に双子の弟と入れ代わってしまったのではないかと

本気で疑った程だ。(片岡には生き別れになった瞼の弟がいるのだと聞かされていた。)

一年もたてば片岡はもはやムリリソの事しか目に入らなくなっていた。

セルジュとマリルザを筆頭に、兄弟の年長者達は、元より子供達に対する興味の薄い

両親に代わって幼い子供達の世話をしなければいけなかった。




ムリリソは言葉を覚えるよりも前にギロを手にしていた。

当時我々兄弟はそれぞれに片岡よる綿密で過激な音楽教育を施され、

それぞれに個々の楽器の習得はしてはいたものの、

他の楽器に関する知識は全くなく、もちろんギロも例外ではなく、

その呪われた闇の歴史と恐ろしい副作用などは知るよしもなかった。

当時我々兄弟は、各々自分の楽器を持ち寄り度々合奏をして遊んでいた。

ムリリソが生まれるまでは片岡が指揮者としてそれに参加していた。

彼がムリリソにかまいきりになってしまって以後、

我々は我々の音楽に対しその指針を失い、狼狽し、幼子達は心に深い深い傷を得た。

にも関わらず、我々兄弟は片岡を愛していた。




そして我々兄弟は皆、我々の末娘を愛していた。


続く

(訳;シグネイチャー本田)
プロフィール

ジョンソンtsu

Author:ジョンソンtsu
ジョンソンtsu myspace
otherwiseなおみ myspace
やまのめぐみ myspace
ポートカスmyspace

ライブスケジュール

jyonsontsuをフォローしましょう


動画 youtube
facebook

お問い合わせはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。